スポンサーリンク

恐怖の船便/Parcels from Japan Won’t Arrive without Troubles

parcels 日常/Daily Life

7月末に日本を出国するとき、飛行機の預け荷物と手荷物だけでは足りませんでした。なので、しばらく使わない秋冬用の服や靴などは、2箱分船便で送ることにしたんです。数ヶ月なら待てると思って。

When I left Japan at the end of July, checked baggage and carry-on baggage for the flight were not enough to bring my stuff to the UK. So I decided to send two parcels of autumn/winter clothes and shoes by ship. I thought I could wait for a couple of months.



ところが船便は待てど暮らせど一向に届きません。追跡してみても7月末に日本を出たと記載があるのみ(知ってる)。その間にもロンドンはどんどん寒くなっていきます。10度を下回る日も出てきました。

However, the parcels wouldn’t arrive after a couple of months. I looked up the tracking of the parcels, but it only said they left Japan at the end of July (Thank you. But I already knew it). Meanwhile, London got colder as lower than ten degrees at night.

「もしかしたらロストしたかもしれない…」と思っていたのですが、先週突然イギリスに上陸しました。日本出国からイギリス到着までの追跡も欲しい…

I started believing that my parcels might have been lost. But they suddenly showed up in the UK last week. I wish I could track the journey between Japan and the UK.

tracking-my-parcels
突然イギリスに上陸する僕の船便/My parcels suddenly showed up in the UK

なのに、全然自宅に届きません。すると昨日手紙が2通届きました。嫌な予感しかしません。開けてみるとこう書いてありました。「国際郵便が届いています。受け取るには関税を払ってね。払わない場合は送り主に返送します」。

But my parcels wouldn’t arrive at home. Instead of receiving my parcels, I received two letters yesterday. I could smell something bad would be written on them. It said, “You have been sent a parcel from overseas. Delivery of this parcel to you is subject to payment of Customs charges. If you don’t pay it, the parcel will be returned to the sender”

その額なんと4万円…涙涙涙

The charge in total was £270…

custome-charges
高すぎ/Too expensive

どうしてよ。僕の高くない私服と靴だよ…送り主は僕だよ…何にいくらかかるかなど詳細は全く書いておらず、泣く泣く言い値を払いました。悔しい!

Why is it so expensive!? They are my non-expensive clothes and shoes. And I’m the sender. The charge was not detailed. So I couldn’t tell how much things cost for what. There was nothing I could do but pay the charge.



明日荷物が届きます。せめて中身が無事でありますように。

The parcels are arriving tomorrow. I am wishing everything in the parcels is not damaged. 

コメント/Comments

  1. うめ より:

    Kanさんこんにちは、QEで拝見してからSNSでフォローさせていただいています!
    はじめに、ご結婚おめでとうございます

    今回は不安な思いをされましたね…。
    仕事で船を使った国際輸送に携わっているので、慰めにもならないかもしれませんが、僭越ながら考えられる背景をコメントさせていただこうと思います。
    理解してほしい!とか、許してあげて!というわけではなく、妥当な説明もなく大切なお荷物が数ヶ月行方知らずだったKanさんはすごく困ったと思うのです。
    背景にある事情を知ることで、少しでもモヤモヤが晴れたらよいな…という老婆心で長文失礼します‍♀️

    昨年から、国際輸送も新型コロナとの付き合い方に悩まされていて、各国の規制に伴うターミナル(飛行機でいう空港)の人員不足や予想を超えるステイホーム需要に追いつかない船の数など、様々な理由で混雑と遅れが常態化してしまっているんです
    特に、飛行機と違って船は各国の港を沢山経由するのが普通なので、出発したあとも経由地ごとに遅れが積み重なってしまうことも多い…。さらにスケジュールの乱れを調整するための欠便なんかも頻発しています。
    そんなこんなで、以前は日本・ヨーロッパ間だと1〜1.5ヶ月くらいで輸送可能だったのですが、プラス1ヶ月以上(Kanさんの場合は約2ヶ月ですね…)かかることも珍しくない状況です。
    船会社は、需要過多で業績こそあがっているものの、船員さんは新型コロナ対策のためになかなか交代できず、陸上社員も日々イレギュラー対応に追われているようです。

    関税等に関しては専門分野ではないのですが、費用の発生そのものよりも、おっしゃっているように金額の根拠や支払いのタイミングについての説明がないのが不親切だなと感じます…。
    こういった(私物とはいえ)貿易の細かいところってすごく込み入っているので、もしいつかまた船便を使う際は国際引越し等を取り扱う物流会社のサービスを使うと、遅延についても、費用についても、もう少し透明度があがるかもしれません
    中小企業でも、国際輸送専業の業者などだとマメな連絡や説明が期待できるような気がします!

    はじめましてなのに主張ばかりするようなのですが、少しでもお役に立ててたらいいなと願っています…。
    私自身、Kanさんのお話を読んで、物流が担っているものは暮らしそのものであると感じ、身が引き締まる思いです✨

    長くなってしまいましたが、Kanさんのイギリス生活が幸せであるよう、勝手ながら応援しております!
    寒くなると思いますので、ご自愛くださいね。

    • Kan より:

      うめさん

      ご親切にコメントしてくださりありがとうございます!
      SNSもフォローしてくださっているとのこと、とても嬉しいです。

      うめさんのコメントを拝見して、このような状況にも関わらず、遠くまで荷物を届けてくださったことに感謝すべきだったなと反省しております。ごめんなさい。とても詳しく状況をお教えくださり、ありがとうございます。

      関税に関しては、お問い合わせしてみようと思います。今後、国際輸送をする機会があれば、国際輸送専業の業者も調べてみます。

      温かく応援してくださりありがとうございます。とても心強いです。

      ロンドンは寒くなりつつあり、ヒーターをつけ始めました。
      うめさんも、お元気で幸せでありますように。
      どうかお身体ご自愛ください。

      Kan

タイトルとURLをコピーしました