スポンサーリンク

愛知県の中学2年生約180名にLGBTQ+と僕の経験についてお話ししました/I gave a lecture on LGBTQ+ people and rights and my experience to 180 junior high school students in Japan

lecture-at-school 日常/Daily Life

先月のお話になりますが、愛知県の中学2年生約180名にLGBTQ+と僕の経験について90分間オンラインでお話しました。担当の先生が僕のSNSでの発信をご覧くださっており、お声がけくださったことがきっかけで実現しました。

I gave an online lecture on LGBTQ+ people and rights and my experience as a sexual minority to 180 junior high school students in Japan for 90 minutes last month. A teacher from the school has been following me on SNS, sent me an email, and organized the lecture for me.

授業の前半はLGBTQ+がどういう意味であるか、日本の性的マイノリティや世界の性的マイノリティを取り巻く状況についてお話しました。後半は、僕のこれまでの人生に焦点を当ててお話させて頂きました。

For the first half of the session, I talked about the definitions of LGBTQ+ terms, issues surrounding LGBTQ+ people in Japan and the world. For the latter half, I talked about my experience as a sexual minority.



あらかじめ先生が、ジェンダー平等について授業で教えてくださっており、また僕のクィア・アイのエピソードまで紹介してくださっていました。そのため当日は、生徒の皆さんへセクシュアリティや僕の経験についてスムーズにお話させて頂くことができました。皆さん、長時間にも関わらず、興味を持って聞いてくださいました。

The school teachers have already taught gender equality and even introduced my Queer Eye episode in class. Therefore, I could smoothly give a lecture to students on sexuality and my experience. I am very thankful to the students for having been interested in the lecture and listening to me for a long time.

また所々に授業の内容や僕について質問をして頂く時間を設けたのですが、「トムさんのどんなところが好きか」「かんさんにとって日本は生きやすいか」など生徒の皆さんが率直な質問を投げかけてくださり、僕も皆さんの質問に対して真剣にお答えさせて頂きました。終盤にトムも登場したのですが、トムは「かんさんの好きなところを10個あげてください」と質問を受け、焦っていました笑。

授業の様子/Picture of the lecture

During the lecture, I received many honest questions from the students such as “what do you like about Tom?”, “Is Japan comfortable for you to live in?”, etc. Tom also joined the lecture at the end and was asked by a student to say ten things he likes about me, and struggled to answer. haha.

講演後、生徒の皆さんが手紙を書いてくださり、先生が手紙をすべてスキャンしてデータで送ってくださいました。先生と生徒の皆さんの優しい気持ちを噛みしめながら、一通ずつ読ませて頂きました。

After the lecture, every student wrote a letter for me, and their teacher scanned them and sent them to me. Their kindness really touched my heart as I read all of them.

今回生徒の皆さんにお話しするにあたって、一人ひとりに性のあり方があること、性的マイノリティがいること、それぞれの性のあり方を尊重することの大切さだけは覚えてもらいたいなと思っていました。どの手紙にもお伝えしたかったことがそれぞれの言葉でしっかりと書かれていて、嬉しかったです。

Giving a lecture, I wanted the students to at least understand that every one of us has sexuality, there are sexual minorities and the importance of respecting each other’s sexuality. I was very happy to see many letters I received from the students mentioned them.

また多くの生徒がLGBTQ+について初めて知った、もしくはよくわかっていなかったと手紙に書いてくださいました。僕が中学生だった頃もLGBTQ+や性的マイノリティについて知る機会はほとんどありませんでした。今でも似たような状況なのであれば、今後も学校や企業など、機会を頂ける場所で、お話しすることを続けていきたいと思いました。

There were also quite a few students who wrote in letters that the lecture was the first time for them to learn about LGBTQ+ people and didn’t know much about them before. When I was a junior high school student, I had little opportunity to learn about LGBTQ+ people. If the situation is still the same today, I would like to keep giving lectures at schools and corporations.



僕が学校に通っていた頃に、自分のセクシュアリティに悩んだり、言語化できず苦しかったりしたことをなかったことにすることはできません。ですが、今当時の僕のように悩んだり苦しい思いをしたりしている人やその人たちに寄り添いたいと思っている人たちに向けて、お話しすることはできます。

Although I cannot undo the experience that I struggled with my sexuality and the anxiety of not being able to verbalize my experience when I was a teenager, I can speak from my experience to those who are struggling with their sexuality and those who would like to be an ally.

今回、国を越えてオンラインで90分間お話しできたことで、インターネットが繋がる場所であれば、お互いが世界のどこにいてもお話しができることがわかりました。また、日本に関して言えば、イギリスより8時間から9時間進んでいるので、日本の午後に実施するなどうまくスケジュールを組むことができれば、働きながらでもお話ができそうです。

Giving an online lecture from the UK to people in Japan for 90 minutes, I am confident that I can give a lecture to anyone anywhere as long as we have the internet. Particularly for people in Japan, since the UK is 8 or 9 hours ahead of Japan, I could give a lecture before I go to work.

もしお話しさせて頂ける学校や企業、団体があればぜひ kankanyonce@gmail.com にご連絡ください。過去のメディア出演や講演・トークへの登壇はプロフィールにまとめています。今回、お話しさせてくださった愛知県の中学校の先生や生徒の皆さま、貴重な機会と多くの学びを与えてくださり本当にありがとうございました。

If you would like me to give a lecture at your school, corporation, or organization, please send me an email at kankanyonce@gmail.com. You can see my profile page for my experience of media coverage, giving lectures, and speaking at talk sessions. Thank you very much to the teachers and students at a junior high school in Aichi prefecture in Japan for this wonderful opportunity and experience.

お写真は学校よりご共有頂き、オンラインへの掲載を許可して頂いております。

The school shared the photos of the lecture and approved that I could use them online.

コメント/Comments

タイトルとURLをコピーしました